お知らせ




男子470級の最終順位修正について
3位は土居/木村組、今村/外薗組は5位



昨日、全日程を終え閉会した「セーリングワールドカップ 愛知・蒲郡大会」の成績表が修正されました。

閉会後、470級男子に出場したフランスのHippolyte Machetti/Sidoine Dantes組と、Kevin Peponnet/Jeremie Mionの2チームにルール違反が発覚し「DNE(Disqualification that is Not Excludable 削除できない失格)」が課せられたため、3位だった今村亮(一宮グループ)/外薗潤平(JR九州)組のポイントが43点から42点に、4位だった土居一斗/木村直矢(共にアビームコンサルティング) 組のポイントが43点から41点に、5位だったニュージーランドのPaul Snow-Hansen/Daniel Willcox組のポイントが44点から42点にそれぞれ修正され、総合3位は土居/木村組、総合4位はSnow-Hansen/Willcox組、総合5位は今村/外薗組と修正されました(同点の場合、着順上位の数が多いほうが上位となります)。修正後の470級男子の成績は以下のとおりです。


470級男子(参加24艇 12カ国 7レース実施)赤字が順位変更


セーリングワールドカップ10月22日NewsPH-1

470 級男子3位 土居 一斗/木村 直矢 組