お知らせ




470級男女でメダル獲得
台風21号の影響で2種目が中止に



日本初開催の「セーリングワールドカップ 愛知・蒲郡大会」が10月22日、最終日を迎えました。台風21号接近に伴う暴風警報が発令されたため、RS:X級男子と470級男子の決勝レースが中止となりましたが、今大会をとおして日本人選手が4種目で表彰台に上り、銀、銅合わせて5つのメダルを獲得する活躍を見せました。


セーリングワールドカップ10月22日NewsPH-1

470級女子2位(青いビブ)の吉田愛(左)/吉岡美帆 組

セーリングワールドカップ10月22日NewsPH-2

470級男子2位(青いビブ)の磯崎哲也(右)/高柳彬 組と3位(赤いビブ)の今村亮(左)/外薗潤平 組

セーリングワールドカップ10月22日NewsPH-3

大型の台風が接近する中で行われた470級女子のメダルレース


大会最終日はレーザー級、レーザーラジアル級、470級男女、そして昨日延期になったRS:X級男子のメダルレース(決勝レース)が予定されていましたが、台風21号の影響で470級男子とRS:X級男子のレースが中止に。2種目は昨日まで行われたオープニングシリーズ(予選シリーズ)の成績が最終成績となりました。


470級女子
この大会がリオ五輪後の復帰戦となった吉田愛/吉岡美帆組は、手堅いレース展開で3位となり総合2位、銀メダルを手にしました。優勝は現世界チャンピオンのポーランド、Skrzypulec/Mrózek Gliszczynska組です。


470級女子2位:吉田愛/吉岡美帆 組のコメント
「1年近くヨットに乗っていなかったので、レース感が鈍っているところもありました。それでも1レース目から手応えを感じることができ、メダルに繋がったことで改めて東京五輪を目標にすることができた大会でした」(吉田)
「愛さんと乗るのは久しぶりですが、久しぶりという感じはしませんでした。愛さんと乗れない期間はほかの人と乗り、課題とする軽風の練習をしてきました。今大会は軽風が多かったので、その経験をうまく活かすことができたと思います」(吉岡)


470級男子
スタートの直前に暴風警報が発令された470級男子のメダルレース。10艇中、半分の5艇が日本チームだっただけにレースが中止され残念でした。


470級男子2位:磯崎哲也/高柳彬 組のコメント
「今回は2018年ナショナルチームを決める選考レースでもあったので、レースで勝つことと同時に、日本チームの中で一番になることも頭に入れて戦っていました。トップに立ってから、国際大会のプレッシャーと緊張で守るレースをしてしまったのが最終的な順位に現れていたと思います」(磯崎)
「今まで一緒に走ったことのないチームとレースをすることで、彼らがどんなレースをするのか見ることができました。苦しい場面でもしっかり上がってくる戦い方を、自分たちもできるようになりたいです」(高柳)


470級男子3位:今村亮/外薗潤平 組のコメント
「ナショナルチームの選考も兼ねていたので、日本人の中で1番になることを目標としていました。日本人では1番になれませんでしたが、メダルを獲れたことは嬉しかったです」(今村)
「僕たちはどちらかといえば軽風が得意です。今大会は軽風シリーズだったので、そこで結果が出せたことは自信に繋がりました。ただ、細かいミスで順位を落とすこともあったので、10月26日から始まる江の島オリンピックウィークに向けてしっかりと改善していきたいです」(外薗)


レーザーラジアル級
嵐の前の静けさ?!なのか、メダルレースは海上での風待ちの後に行われました。優勝はリオ五輪銅メダリスト、デンマークのAnne-Marie Rindomです。


レーザー級
難しいコンディションの中で行われたレーザー級のメダルレースは、リオ五輪金メダリストのTom Burtonが3位。現世界チャンピオン、キプロスのPavlos Kontidesが2位。リオ五輪銅メダリスト、ニュージーランドのSam Meechが1位。50艇が参加した今大会最大クラスは、実力者が上位を独占しました。


RS:X級男子
今大会で天候に最も奔走されたのがRS:X級の男子でした。最終日も長い、長い待ち時間の後、メダルレースの中止が決定。富沢慎は4位でワールドカップシリーズを終えました。


豊田自動織機 海陽ヨットハーバーで6日間(レース日)に渡って行われた日本初開催の「セーリングワールドカップ 愛知・蒲郡大会」は、49erFX級の原田小夜子/永松瀬羅(共に豊田自動織機)組と470級男子の今村亮(一宮グループ)/外薗潤平(JR九州)組が銅メダルを、RS:X級女子の大西富士子(ホマレ電池)、470級男子の磯崎哲也(エス・ピー・ネットワーク)/高柳彬(日本経済大学)組、そして470級女子の吉田愛/吉岡美帆(共にベネッセホールディング)組が銀メダルと獲得するなど、日本人が大活躍した大会でした。2018年秋、セーリングワールドカップは神奈川県藤沢市の江の島で再び開催されます。