お知らせ




風弱く、全種目でレース行われず
セーリングW杯 レース日3日目



予選シリーズ3日目の10月19日(木)は終日風が弱く、14時過ぎに全種目の中止が決定しました。明日20日(金)も風が弱い予報ですが、11時に最初のレースがスタートする予定です。


セーリングワールドカップ10月15日NewsPH-1

雨の中で準備をするも風がなく…

セーリングワールドカップ10月15日NewsPH-2

陸上待機をする各クラスの選手たち


セーリングワールドカップは予選・決勝方式で行われる競技です。予選シリーズ(オープニングシリーズ)は470級男女、レーザー級、レーザーラジアル級の4種目で最大10レース、RS:X級男女、49er級、49erFX級の4種目は最大12レース行われる予定で、明日10月20日が予選シリーズの最終日です。 予選シリーズの上位10艇が10月21〜22日行われる決勝シリーズ(メダルレース)に進み、最終順位が確定しますが、決勝シリーズが行われるのは予選シリーズが3レース以上成立した種目のみとなります。2レースまでしかできかなかった場合、決勝シリーズは行われず、2レースの合計得点で最終順位が確定します。 今日現在、RS:X級男子が2レースしか実施できていません。1レースでも行われれば競技は成立しますが、日本初開催のセーリングワールドカップで全種目の決勝レースが行えるよう、明日の天気に期待しましょう。