お知らせ




セーリングW杯 愛知・蒲郡大会が開幕
39カ国・地域から280人以上の選手が参加



世界39カ国・地域から280人以上の選手が参加し、日本で初めて開催される「セーリングワールドカップ 愛知・蒲郡大会」が、愛知県蒲郡市の豊田自動織機 海陽ヨットハーバーを拠点に開幕しました。


セーリングワールドカップ10月15日NewsPH-1

大会に参加する日本選手と河野JSAF会長

セーリングワールドカップ10月15日NewsPH-2

蒲郡市内の中学生が選手たちをエスコート


大会初日はラグーナテンボス ラグナシアの特設ステージで開会式が行われ、各国から集まったセーラーやコーチ、関係者が一堂に会しました。日本初開催となる今大会には日本人選手、男女合わせて36チーム54人がエントリーしています。開会式で挨拶に立った日本セーリング連盟の河野博文会長は「2年間の準備を経て日本で初開催されるセーリングワールドカップの初回が、ここ蒲郡で開催されることをとても嬉しく思います。日本選手にはぜひメダルを狙ってがんばってほしいです」とエールを贈っていました。
愛知県の大村秀章知事は「セーリングが盛んな街、蒲郡で日本初のワールドカップが開催されることはとても楽しみです。海外選手も大いに大会を楽しんでいってください」と挨拶を締めくくりました。  セーリングワールドカップは、ワールドセーリング(国際セーリング連盟)が主催し、世界を転戦しながら1年間に4大会行われるオリンピック種目のシリーズレガッタです。レースは明後日10月17日(火)から、オリンピック9種目で始まります。