セーリングワールドカップとは?




Composite logo




セーリングワールドカップシリーズ 愛知・蒲郡大会

Sailimg's World Cup Series Round 1 Gamagori



ワールドセーリング(セーリング競技の国際組織)が主催する、主に五輪種目のシリーズレースです。蒲郡大会は2018年シリーズ初戦にあたり、その後、マイアミ、フランスと続き、2018年夏にヨーロッパで決勝戦がおこなわれます。世界ランキングの上位選手が出場権利を持ち、五輪を目指す世界のトップセーラーが集まります。蒲郡大会は日本で初めて開催されるワールドカップシリーズで、2018年以降、江の島開催が決まっています。

ワールドカップシリーズ



海上に設置されたブイ(マーク)を周回して、フィニッシュ(ゴール)する順位を競います。風の強弱や波の有無、コース上の有利不利の選択、相手との駆け引きがセーリング競技の醍醐味で、ルール違反は回転ペナルティーが与えられます。1レースに掛かる時間は20〜40分程度で、1日に2、3レースおこなわれます。毎日の順位(得点)が累積され、最終日には上位選手による決勝戦がおこなわれます。


(図はレースコース例です。レースコースは他にも種類があり、風や海の状況、種目の特性を踏まえて変更されます。)

レースコース